英議会内でライダイハン問題集会 ノーベル平和賞のムラド氏も訴え

▼記事によると…

・ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士による現地女性への性的暴行などで生まれた「ライダイハン」と呼ばれる混血児の問題を追及する英民間団体「ライダイハンのための正義」は16日、英議会内で集会を開いた。

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発してノーベル平和賞を受賞したクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)は「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と訴え、韓国の戦争性犯罪である同問題への連携した取り組みを訴えた。

2019.1.17(会員記事)
https://special.sankei.com/f/international/article/20190117/0001.html

ナーディーヤ・ムラード


ナーディーヤ・ムラード・バーシー・ターハーは、ヤズィーディー教徒の人権活動家。1993年、イラクのスィンジャール近くにあるヤズィーディー教徒のコミュニティ、コジョ村生まれ。ノーベル平和賞候補に名前が挙がり、2016年9月16日に人身取引に関する国連親善大使に就任した。
生年月日:1993年 (年齢 26歳)
ナーディーヤ・ムラード - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・従軍慰安婦などというものは存在しない。不幸にも貧困により売春宿に売り飛ばされた人達。ライダイハンは力を背景にした性奴隷による被害者。その差は大きい。

・日本も積極的に、支援すべきじゃないのかなぁ。同盟国的英国を

・韓国人とか本当にブーメラン現象が凄いよな。自分でやっておきながらそっちは棚上げ

・コレに対する韓国政府の反応が楽しみですわ

・されたことは誇張し、したことは脳にロックをかける。

・慰安婦問題は知っててもライダイハンを知らない人多すぎる。もっと世界的に周知すべき問題

・何度ブーメラン刺さってもしらばっくれるのか?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事