歴史問題においては日本は加害者

佐藤正久
韓国の責任を日本に転嫁しようとしてると言われた、菅官房長官の言葉に尽きる。協定違反の状態を作ってるのは韓国

李泳采
歴史問題においては日本は加害者。慎重な発言をするべきであり、文大統領の『謙虚な姿勢が欲しい』とは韓国国民の一般的な気持ち

なると味玉さんのツイート

佐藤正久 プロフィール


佐藤正久は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員、外務副大臣。 参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官を歴任。元陸上自衛官。職種は化学科で第1種放射線取扱主任者の資格を持つ。
生年月日: 1960年10月23日 (年齢 58歳)
佐藤正久 - Wikipedia

李泳采 プロフィール


職名:准教授
担当科目:平和研究入門、国際人権論、現代韓国朝鮮論、東アジアFS
専門分野:日韓、日朝関係、国際政治、地域政治、市民交流、韓流
恵泉女学園大学

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・謙虚って他人に言う言葉じゃないですよ、先生。

・話し合いは無駄。

・何でこんな人が日本でエラそうに准教授しているのか理解出来ません(--;)

・会話が噛み合ってないですね…

・そんな人物が果たして日本で教授という立場でいる事に問題はないのか疑問

・加害者ではない!併合は望んだこと。全て間違っている

・この件につきましては終わっていますので日本は何もしません。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事