東京五輪を危うくするもう一つの理由

▼記事によると…

・東京五輪招致疑惑を払しょくするために急きょ開かれた竹田IOC会長の記者会見が、さらに疑惑を深めてしまった。

いよいよ東京五輪招致疑惑が安倍政権にとって大きな政治問題になりそうだ。

しかし、東京五輪は、誰も指摘しないが、もう一つの大きな潜在的難題を抱えている。

それは参加ボイコット問題だ。

・しかし、もし、このまま安倍首相が韓国、北朝鮮との関係を改善できないなら、そしておそらく安倍首相では改善は難しいから、場合によっては南北朝鮮が東京五輪をボイコットする事態が急浮上しないとも限らない。

2019年01月16日 10:57
https://blogos.com/article/351312/

天木直人 プロフィール


天木 直人は、外交評論家、作家、政治運動家。インターネット政党の新党憲法9条の発起人。元駐レバノン日本国特命全権大使。 イラク戦争当時、対イラク政策を巡る駐レバノン日本国大使として意見を具申した2通の公電により外務省から外交官を「解雇」されたと主張し、外務省を告発する著書が話題となった。
天木直人 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ボイコットしたきゃすればよい。

・そうなると平和の祭典になりますね!

・政治問題持ち込む事そのものが問題やろ‼️

・スポーツマンシップの意味が分からない人達が来なくなるなら、極めて素晴らしく爽やかな大会になるでしょう!

・政治的な理由で選手を参加させないならそれはスポーツの祭典としての本来の意味を見失ってる

・ボイコットでも何でもやったらええやん、それ以降は全ての国際大会から締め出されるけどな(苦笑)。

・外務官僚がこんな認識かよ…

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事