中国でまたウルトラマン無断使用 罪悪感ゼロ!係争中でも続編映画

▼記事によると…

・一昨年、ウルトラマンのキャラクターを無許可で使用した映画を製作した中国の会社が、今月18日から続編を公開する。

・円谷プロ(東京・渋谷区)は第1弾公開時に提訴しているが、中国側は全く懲りる様子はない。

・中国でウルトラマンのキャラクターを使用しているアニメは「鋼鉄飛龍」(スチールドラゴン)シリーズ。当初は日本人が総合監督を務め、13年には日本でも公開された。ところが、その後、監督が代わった後、ウルトラマンが無断使用され劇中に登場した。

・中国の模倣文化は今に始まった話ではないが、中国会社側は「ウルトラマンの著作権はない」と主張をしており、続編公開にも全く罪悪感がない。

2019年01月17日 16時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1249879/

ウルトラマン プロフィール


「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」日本の特撮テレビ番組。 『ウルトラマン』は、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。 後続作品のヒーローと区別するために本作のウルトラマンを「初代ウルトラマン」と呼ぶ場合がある。 制作はTBSと円谷プロダクション。
ウルトラマン - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こんなことをしながら「日本はなぜ中国を恨むのか?」とか言ってるんだからな。嫌がらせする奴が嫌われるのは仕方なかろう。

・孫悟空を無断使用の日本人www

・日本もゲームはパクリばっかりだし、これは責められんな

・中華料理を無断使用の日本人www

・前作でさよならしたんじゃ無かったんかい

・まぁ中国だし。訴える方法もないしな。ガンダムだってパクられてるし仕方がない

・ウルトラマンはみんなのものやろ

・だがプーさんは上映できない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事