1000万回以上再生「男らしさ」に警鐘のCMに賛否両論

▼記事によると…

・アメリカの大手日用品メーカーが「男らしさ」という固定概念に警鐘を鳴らし、セクハラなどをやめようと訴えるコマーシャルを公開し、賛否両論の声が上がっています。

男性用カミソリで知られるアメリカの「ジレット」は、セクハラや性暴力を告発する「#MeToo」運動を支持するためのコマーシャルを制作し、ホームページで公開しました。

コマーシャルでは、男性が女性の下半身を触ろうとするコメディー番組を見て大笑いする男性たちや、取っ組み合いのけんかをする少年たちが「男だからしかたない」と容認される様子などが次々と紹介されます。

そして、「もう後戻りはしない」というナレーションが流れたあと、セクハラやいじめをやめようと立ち上がる男性たちの姿が描かれていて、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」では、これまでに1000万回以上再生されるなど注目を集めています。

・称賛の声が上がる一方で、「メディアやハリウッドにはびこる『男は最悪だ』というキャンペーンに便乗している。このメーカーの製品はもう買わない」といった否定的な声も上がり、波紋が広がっています。

2019年1月17日 5時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011780351000.html

ジレット


ジレット は、剃刀製品のブランド。元はアメリカ合衆国の独立企業だったが、2005年以降はプロクター・アンド・ギャンブル が販売している。
ジレット - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・賛否両論もわかるけど、日本との圧倒的な格の違いを感じる

・昔ながらの男らしさを否定的に捉える“Toxic Masculinity” の概念を伝えるには申し分のない1分49秒。👍

・「~らしい」「~らしさ」とか、大きなお世話。

・いや#MeTooって自身も性的暴行してたから「私もやっています」って事じゃないの?

・男らしさとやらを勝手に定義するのは差別じゃないのかよ

・商品売りたいだけで何とも思ってないぞ

・男らしさより人間らしくなろうというCMに感じたよ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事