(社説)公益通報制度 良心の告発守るために

▼記事によると…

・組織の不正を内部から告発しやすくして、是正に結びつけるには、いまの制度をどう手直しすればいいのか――。

・たとえば、通報を受けつける担当者の守秘義務だ。勇気を奮って告発した人の名前などが、不正の当事者や周辺に漏れる例はいくつも報告されている。

・不正会計や品質のごまかしなど、不祥事はいまも相次いでいる。視野を広げ、大局的見地から制度の充実を図ることこそ、社会の要請である。

2019年1月15日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S13849141.html

内部通報(公益通報)


企業や各種組織において、社員・職員などが、法令違反、規則違反などさまざまな不正行為や疑問などを組織内部の窓口に対して、匿名または実名で相談・照会・通報することを目的とした特別な通報制度のことです。
内部通報受付代行サービス

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・おまゆう

・朝日新聞社員が起こした事件はスルーします。内部告発ではないので、報道しない自由です

・ブーメラン

・言うことはご立派だから実践してくれよ

・だいたいのやつが通報した途端に首になって終わり

・どんどん内部告発しろよ

・まったくその通り、捏造、フェイクは内部から変えていかないとな

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事