なぜだ! 東南アジアには日本を侵略者ではなく「解放者」とみなす国があるぞ=中国

▼記事によると…

・反日感情の強い中国とは異なり、東南アジアには親日国が比較的多く、中国に対してあまり良い感情を持っていない国も少なくない。中国メディアの捜狐は12日、東南アジアには「日本は自分たちを解放してくれた国」と見なして親日家な国があると紹介し、「理解できない」とする記事を掲載した。

・ミャンマーの高速道路は中国が建設したものだが、高速道路から村への道路の修理や駅の建設などに関わっているのは日本人で、ミャンマー人から非常に感謝されていると記事は紹介。

・ベトナムも同じく、日本を当時の解放者とみなしているという。

・こうしてみると、東南アジアの国は親日国が多いことがよく分かる。むしろ、アジアの中で反日傾向が強いのは中国と韓国くらいではないだろうか。

1月14日(月)9時12分
https://news.biglobe.ne.jp/international/0114/scn_190114_5366987071.html

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
中華人民共和国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いや独立宣言文を読めばそうはなってないとわかるでしょうよ

・今更だけれど、答えは簡単。中韓が妄想とねつ造で日本を名誉棄損しているだけで、世界の理解が真実だから。

・アジアの救世主が日本だったろ。これを理解出来ないのが特亜

・↑理解っていうか教えられてない。日本だって祖父がアジアの解放者だったと本当の歴史を教わったものは少なかろう

・そんだけ他の国の扱いが酷かったんだろ

・日本が戦わなかったら、世界中はまだ植民地のまま

・そもそも何を理解できてんだよ!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事