韓慈善団体が、食料品配ったカンボジアの学校で140人食中毒

▼記事によると…

・韓国の慈善団体が、食料品を配ったカンボジアの学校で、生徒が集団食中毒を起こし、現地当局が原因調査に着手した。

14日、現地日間クメールタイムズによると、11日午後、カンボジア北西部バンテイメンチェイ州にある小学校で某韓国慈善団体が学生287人に米や野菜、水のボトルなどを配った。

・ところが、同日午後8時(現地時間)に、学生140人が腹痛を訴えて下痢や嘔吐の症状を示して病院を訪れた。

このうち6人を除いた学生は、すべて退院したと現地の保健当局は明らかにした。

食中毒にかかった生徒は「韓国の慈善団体が配ったものを食べた」と話した。

保健当局は、食料品の中で、野菜が食中毒の原因である可能性が高いとみて、試料を採取、精密分析に着手した。

2019-01-14 10:11
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=20190114MW112204155951

バンテイメンチェイ州


バンテイメンチェイ州 はカンボジアの州の一つ。州都はシンソポン。
バンテイメンチェイ州 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・野菜ってまさか代表食の大腸菌のお漬けもの?

・カンボジアにもツバ入り食料配布したんか( ゚Д゚)

・衛生状況は、日本>>>カンボジア>>>>>韓国ってことでよい? 食品は輸入禁止にしなきゃなならんよね。

・関わっちゃいかんとあれほど…。

・食べ残しの再利用OKな国だったよね?ついでに援助、義援の類い、約束しても払わない。みんな、察してあげて。

・新手のテロですか?人道支援と名乗りながら食中毒を発生させるとか・・・・・・

・これが本当の飯テロ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事