レーダー照射問題 日韓がシンガポールで協議

▼記事によると…

・海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーを照射された問題で、日本と韓国の防衛当局による協議が14日午前、シンガポールで行われています。日本側は、防衛省の審議官級らが出席し、照射の客観的な証拠として、自衛隊の電波記録を示すことも含めて対応しているものとみられます。

・岩屋防衛大臣は13日、「自衛隊の電波情報も含めて開示し、事実を確認させることもあり得る」と述べたうえで、両国の協議を早期に行う考えを示していました。

2019年1月14日 12時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190114/k10011777341000.html

岩屋毅 プロフィール


岩屋 毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日:1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・第三国で協議って、もう本当に韓国は敵国なんだな。

・いくら事実を突きつけても韓国が認めることはない。

・ここで折り合い付けてもまたひっくり返すのが今の文在寅政権だからな…

・ほっといた方が日本側はメリット有りそうだが

・まだ、協議内容については報道がないね。午後も協議を続けているのかしらん…(´・_・`)

・そういや米朝首脳会議でもシンガポールだったな

・何故。シンガポール?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事