主犯格の組長逮捕、茨城 覚醒剤475キロ密輸事件

▼記事によると…

・海上で受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる方法を使って茨城県沖で平成29年8月、覚醒剤約475キロ(末端価格307億円相当)が密輸された事件で、県警は11日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、主犯格とみられる指定暴力団住吉会系組長、海老沢浩容疑者(58)を逮捕した。

事件ではこれまでに、県警や警視庁などの合同捜査本部が同法違反などの疑いで暴力団幹部ら約20人を逮捕。海老沢容疑者が密輸を指示したとみて、国際手配して行方を追っていたが、昨年11月に香港で身柄を拘束され、今月11日に日本に移送された。

逮捕容疑は29年8月21日、日本の排他的経済水域(EEZ)内の海上で、大量の覚醒剤を船籍不明の船から漁船に積み替えるなどして、同県ひたちなか市の那珂湊漁港に翌22日午前2時35分ごろ、陸揚げして輸入したとしている。

2019.1.12 00:25
https://www.sankei.com/affairs/news/190112/afr1901120002-n1.html

住吉会


住吉会は、東京都港区赤坂に総本部を置く博徒系指定暴力団である。米政府より薬物や武器の密輸、人身売買等の犯罪に関与する国際犯罪組織と認定されている。勢力範囲は1都1道1府15県、構成員は2,900人で準構成員等を含めると約5,800人。
住吉会 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・太平洋側まで遠回りするもんなん?

・5年程度か すぐ出てこれるな

・国籍不明か…一体どこの北朝鮮籍船なんだ…

・(・・;)これは護衛艦ついてなかったのか

レーダー照射の答え合わせ?

・な?海上警備は大切なんだょ『これは救助です』とか誤魔化されちゃいかんよ

・今回はレーダーの照射が無くて良かった

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事