犬食禁止を訴える韓国の動物愛護団体、保護した捨てイヌ数百匹を安楽死

▼記事によると…

・犬食に反対する運動を繰り広げてきた韓国の動物愛護団体が、およそ4年にわたり保護したイヌ数百頭を安楽死させたという主張が11日に提起された。当該団体の代表は「具合が悪かったり攻撃性がひどかったりする場合にのみ安楽死させた」と語った。

・論争になっている団体は「ケア(care)」。2002年に発足し、イヌの屠畜反対運動、捨てられた動物の救助活動を繰り広げてきた。17年5月に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に捨てイヌの「トリ」を贈ったのもこの団体だ。17年だけでもおよそ19億ウォン(現在のレートで約1億8400万円)の後援を受けている。

・何匹の動物をどのような理由で安楽死させたのかは、具体的に明らかにはしなかった。

・パク代表はこれまで、安楽死疑惑が浮上するたび、数回にわたって否定していた。パク代表は「(安楽死はしていないと言ったのは)健康な動物についての話だった」と釈明した。

2019/01/12 09:16
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/12/2019011280007.html

犬食文化


犬食文化とは、食用として犬を飼育してその肉を食べる習慣、及び犬肉料理の文化の事である。 中国の一部の地域、ベトナム地域、朝鮮半島地域などの市場では、内臓を除去しただけのそのままの姿のものや小さく解体した形状などで犬肉が販売されている。調理方法は国によって様々である。一方、犬食を忌む地域もある。
犬食文化 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・愛護とか、仕方ないとか…💦ビジネスとして成り立ってたんでしょ?一方通行の商売。結局、物言わず犬を利用しただけに見える。

・本当に殺処分なんですかね?普通に市場に流れてたり…

・食べるにせよ殺処分にせよ、犬を殺すわけで笑顔で動物愛護してますとしているのはおかしい。本当に動物愛護ならば里親を見つけるのが王道です。偽善としか思えません。

・韓国の動物愛護団体の所業は天使の皮を被った悪魔。動物殺傷山捨て団体と名称を替えたほうがほうがいいよね。😡

・ケアって団体名がまた余計にニュースをシュールに飾っている。英語圏のSNSでまだ一度も目にしていないのが不思議だ。

・愛護の意味が分からないんじゃないの?約束という言葉すらなかったらしいし。

・なーんか左に見覚えのある人が...いや、気のせいか...

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事