仏、竹田JOC会長の捜査決定 贈賄容疑と報道

▼記事によると…

・フランス紙ルモンド電子版は11日、2020年の東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑で、フランス捜査当局が日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を贈賄の容疑者とする捜査開始を決定したと報じた。

ルモンドによると、フランス当局は、竹田会長が、五輪招致に向けて賄賂を支払うことを認めた疑いがあるとみている。昨年12月10日に竹田会長から事情聴取した。

竹田会長は11日、東京都内で取材に応じ、昨年12月に「担当判事のヒアリングには協力した」と明らかにした。

2019年1月11日 18時56分
http://news.livedoor.com/article/detail/15860066/

竹田恆和 プロフィール


竹田 恆和は、旧皇族竹田宮恒徳王の三男。日本オリンピック委員会会長。国際オリンピック委員会委員。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長。国際馬術連盟名誉副会長、日本馬術連盟副会長。1972年ミュンヘンオリンピック・1976年モントリオールオリンピック馬術日本代表。
生年月日:1947年11月1日 (年齢 71歳)
竹田恆和 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ゴーン事件の仕返し(笑)

・この手の組織は本当に真っ黒です。

・贈った方も貰った方も要求した奴も背任してる奴も全員捕まえてください

・東京オリンピック関係者を徹底的に逮捕してほしい。腐敗しすぎ。

・これ、この人が黒だったら東京オリンピックは中止になるの?

・有罪であれば大変な犯罪。日本はただちに東京オリンピック開催を返上すべきだ。

・まぁ報復の意味合いもあるんだろうけど、国民のひとりとしては前からこの疑惑については白黒つけてほしいと思ってたので、ちゃんと調べてほしい

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事