佐藤章氏のツイート

文在寅の会見コメントは極めて冷静かつ正義。

韓日間には不幸な歴史があり解決できなかった問題がある。日本政府はもう少し謙虚な態度を。韓国も知恵を集めて未来志向の関係を作ろうとしているが日本の政治家が争点にしている」との趣旨。

安倍よ。独りの時によく考えてみな。

佐藤章 プロフィール


慶應義塾大学でジャーナリズム専攻の非常勤講師をしながら、五月書房新社の編集委員会委員長をしています。36年間勤めた朝日新聞社では、経済部やAERA、週刊朝日で記事を書いていました。『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)『関西国際空港』(中公新書)『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)などの著書があります。
twitterより

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。両親は共に朝鮮民主主義人民共和国からの避難民である。 弁護士として市民運動や人権運動に参加した後、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日: 1953年1月24日 (年齢 65歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・正義とはなんでしょう?

・いや!流石!素晴らしい!面白い思考をお持ちですね!

・謙虚にという言葉は、まず国家を代表して説明責任を果たしてから言うべき言葉では無いでしょうか?

・隣国同士仲良くしたい。

・過去の問題をいつまでも引きずることが、未来志向というなら過去を乗り越え未来に建設的に取り組む人が過去志向なのかい?韓国は過去ばかりにこだわり成長していない。

・日韓というと、かつて韓国が感情的だったように思うが、今は日本が感情手的になっている。

・最終的かつ不可逆的解決はどこへ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事