(社説)徴用工問題 日韓で克服する努力を

▼記事によると…

・韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた徴用工問題が混迷の度を深めている。

・日本政府は、司法当局から日本企業側に差し押さえが通知されたことを受け、請求権協定に基づく政府間協議を韓国政府に要請した。

協定に基づく協議は、通常の二国間協議ではなく、第三国を交えた仲裁委員会の設置への移行を見据えた話し合いだ。

・日韓の当事国間の対話を離れ、第三国を交えた仲裁委や国際裁判で決着させるのが歴史問題のような懸案になじむのかどうか。どちらかの主張に軍配が上がったとしても感情的なしこりが残りかねない。

もし仮に仲裁委に向かうとしても、日韓両国はあくまで二国間の話し合いで合意を築くことをあきらめるべきではない。

・この悪循環を脱するにはどうすべきか。経済や安保など広く利害が重なる日韓関係の健全な発展のために、両国が心を落ち着かせて考える時である。

2019年1月11日05時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S13844043.html

徴用工訴訟問題


徴用工訴訟問題(ちょうようこうそしょうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題。元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしている。韓国で同様の訴訟が進行中の日本の企業は、三菱重工業、不二越、IHIなど70社を超える。
徴用工訴訟問題 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・国際司法裁判所提訴待った無しという事ですね、分かりますw

・どこの国の新聞だよ

・平常運転、平常運転。朝日の言ってることの真逆をやれば問題なし。

・朝日新聞がそう言うってことは正しいんだな。わかりやすくていいわー

・何かに誘導したいのね。

・頭を冷やすのはお前だよ。

・感情的になってるのそっち(韓国)だろ、こっちは冷静にやらなきゃいけない事やってるだけだわ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事