吉野家、15億円の赤字に 原材料価格の高騰や人件費増加で

▼記事によると…

・吉野家ホールディングスが10日発表した2018年3~11月期連結決算は、純損益が15億円の赤字(前年同期は15億円の黒字)に転落した。3~11月期として赤字は5年ぶり。牛肉、コメなどの原材料価格が高騰していることや、アルバイトやパートの時給上昇による人件費の増加が響いた。

昨年9月の台風や北海道の地震で休業や営業時間の短縮に追い込まれたことも収益を圧迫した。

2019年1月10日 18時26分
http://news.livedoor.com/article/detail/15854997/

吉野家


吉野家は、牛丼を主力商品とする、大手外食チェーンストア。 株式会社吉野家ホールディングスの孫会社・株式会社吉野家が、同店の運営企業である。日本国における牛丼チェーン店舗数では2008年9月末以降、すき家に次いで第2位である。
吉野家 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・地元周辺が松屋とすき家ばかりだからなあ…。

・並盛り280円セール早よ!

・味は美味しいと思うけど、会計の時に待たされるのは改善の余地有り。セルフの松屋の方が、ファストフードでお客様ファーストも両立できている。スタバみたいに常連とのやりとりも無いとも思うし。

・吉野家メニュー少ないし美味しくない。行くなら松屋やな

・いやーん、やっぱり吉野家がおいしいのに。このくらいではなくならないよね。

・吉野家が赤字で儲かってないということは、日本人が経済的に豊かだということ。リーマンショックの直後は牛丼しかランチが食べられないサラリーマンで大盛況だった。もちろん吉野家の業績も好調だった。僕にとって吉野家は景気のバロメーター

・本日午後の吉野家の急落はこれか?が、頑張れ、吉野家。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事