歴史の「負の遺産」解決しながら未来志向の関係構築を=韓国首相

▼記事によると…

・韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は10日の国政懸案点検調整会議で、日本との外交対立が続いていることについて、「歴史から目を背けてもならず、歴史だけにとらわれ未来の準備を疎かにしてもならない」として、「韓日の両国が歴史の負の遺産を解決しながら、未来志向の関係を構築することに知恵を集め努力することを望む」と述べた。

また、「そのため、韓国政府は最大限自制し、(対策を)悩み、努力している」として、「日本政府も共に自制し、韓日関係の望ましい未来のため、賢明に対処することを望む」と述べた。

その上で、「過去には韓国が国内の政治的な目的で国民の反日感情を刺激しているとの批判的な見方が日本にあったが、最近は日本の指導者たちが国内の政治的な目的で自国民の反韓感情を刺激し、利用しようとしているとの見方が韓国にある」として、「この事実を日本の指導者たちは知ってほしい」と指摘した。
2019/01/10 15:09
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/10/2019011080130.html

李洛淵 プロフィール


李 洛淵は、韓国の政治家。現在、同国国務総理。元国会議員、前全羅南道知事。共に民主党に所属。
李洛淵 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・もう関係ない国。それが最良の未来

・日韓関係は完全に終わった。

・未来志向(過去の事を蒸し返す)だろ

・さあいよいよ終わりの時が見えてきたね

・日韓関係の望ましい未来と賢明な対処って日韓断交だろ。

・条約ガン無視という大暴走をしといて自制て……

・解決したり嘘の過去ばかり蒸し返しておいて未来志向だと(笑)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事