中学生がマグロ「獲ったどー」 174センチ、97キロ、素手で格闘  奄美市笠利町

▼記事によると…

・鹿児島県奄美市笠利町の中学生2人が8日午後、同町赤木名海岸に迷い込んだマグロを素手で「確保」した。獲物は174センチ、97・6キロの大物。ご相伴に預かった住民は大喜び。2人は「あまりの大きさに、びっくりした」と笑顔で話した。

・大物を確保したのは赤木名中学校3年の男子生徒。2人はこの日午後2時ごろ、赤木名海岸へ向かった。海岸で遊んでいた小学生が「サメがいる」と騒いでいたので見ると、サメではなく、マグロだった。

浅瀬だったこともあり、2人は「確保」を決意。近くに道具が見当たらなかったため、パンチとキックでマグロに立ち向かった。マグロは当然、暴れたが、しばらくすると、弱ってきたため、海岸にあったロープをマグロの尻尾に巻きつけて陸揚げした。この間、約1時間。


1/9(水) 14:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010005-nankainn-l46

マグロ


マグロは、サバ科マグロ属に分類される硬骨魚類の総称。暖海性で外洋性、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されている。
マグロ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・すごいなwwパンチとキックでマグロ捕まえるって、マンガやん!笑

・なんとも野生児ですね!!!

・近頃の若ぇ者は…スゲーな(  ̄▽ ̄)

・子供らにすしざんまいポーズして欲しかった

・弱ってるマグロにパンチやキックって見方によっては動物虐待のような(^^;

・ワイルドな遊びでよろしいですなw

・これ以上の費用対漁獲は存在しない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事