これは、今年の9月6日にツイッターユーザーによって投稿された写真です。

そこには東海道新幹線こだま号で運転士が信じられない姿勢で、運転席に座っていました。

運転手は、乗客の命を預かる責任ある仕事。

推測ですが白い靴下のようなものも確認できるこの姿勢では、前は見えていないはずです。

▼実際に投稿された写真がこちら。

sinkansen1

顔が見えないほど寝そべって運転しているのがわかります。

▼こちらは撮影者のコメント。

sinkansen3

画像は瞬く間に拡散され、一部では

「エコノミークラス症候群の予防としてやっているのではないか」

という声もあがったが、それは違ったようです。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事