首都高の料金、時間帯で変動させ交通量を調整へ

▼記事によると…

・2020年東京五輪・パラリンピック中の渋滞緩和のため、開催都市の東京都や国、大会組織委員会は、首都高速道路の通行料金を時間帯によって上下させて交通量を調整する「ロードプライシング」を導入する方針を固めた。

沿線自治体との調整を経て、今夏には具体的な料金案を決める見通し。

大会期間中の渋滞緩和策の切り札としてだけでなく、大会のレガシー(遺産)として、大会後も首都圏道路網の混雑解消に活用したい考えだ。

・国土交通省と都、組織委などはすでに、担当者による会合を開いて具体的な料金案や効果について検討を始めた。

大会関係者の輸送が多い時間帯は現行料金の2倍程度とし、輸送が少ない時間帯をその分値下げする案が出ている。

2019年01月07日 15時00分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190107-OYT1T50043.html

2020年東京オリンピック


2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。
2020年東京オリンピック - Wikipedia

ロードプライシング


ロードプライシングとは、広義には自動車による道路の使用に対して料金を徴収する行為全般(有料道路)を意味するが、狭義には、社会的合理性の実現を狙って、公道と考えられていた道路の使用に対する課金・課税をいう。
ロードプライシング - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・負の遺産か

・だか上級国民の運営様方は無料で通せという事になるだろう

・首都高はほとんど使わないので、影響がないっちゃないですが、そもそも『日常生活』に色んな支障をきたしてまで五輪やる意味があるのか?あ、『必要な』公共工事はやるべきだと思いますよ。

・下道に降りる自家用車、高速入口で時間待ちするトラックでそれぞれ大渋滞だな。

・これは爆笑ではなく、頭おかしいのじゃないかと思うよ。いっそオリンピックやめたら?料金2倍になったら物流コストが上がり物価が上がるよ。

一生忘れられない思い出が増えていくね

・一般道が渋滞になるだけでは・・・?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事