箱根駅伝で東海大学が初めての総合優勝 ガッツポーズでゴール

▼記事によると…

・◇第95回東京箱根往復大学駅伝・復路(2019年1月3日 神奈川・箱根町~東京・大手町、109・6キロ)

第95回東京箱根往復大学駅伝・復路は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの5区間、109・6キロに23チームが参加して行われ、東海大が10時間52分9秒(復路5時間24分24秒)の大会新記録で悲願の総合優勝を勝ち取った。

東海大の最終10区の郡司陽大(3年)がガッツポーズでゴールテープを切った。待ち受けたチームメートのもとに郡司に吸い込まれると、瞬く間に歓喜の輪が広がっていった。就任8年目の東海大・両角速監督(52)は5度、宙を舞った。

2019年1月3日 13時26分
http://news.livedoor.com/topics/detail/15824206/

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走


第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(だい95かいとうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、2019年1月2日から1月3日まで開催された95回目の東京箱根間往復大学駅伝競走である。95回目の記念大会であり、第94回大会シード校(青山学院大学、東洋大学、早稲田大学、日本体育大学、東海大学、法政大学、城西大学、拓殖大学、帝京大学、中央学院大学)のほかに「関東インカレ成績枠」から1校(日本大学)、2018年10月13日に行われた予選会の上位11校(駒澤大学、順天堂大学、神奈川大学、國學院大學、明治大学、東京国際大学、大東文化大学、中央大学、国士舘大学、山梨学院大学、上武大学)に加え、関東学生連合チームを合わせた、例年より2校多い全23チームの参加で実施された
第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・青学がんばったなぁ

・青学復路は圧倒的だったのになー

・やっぱり勝った者が正義なんだよ

・東海大学総合優勝おめでとう!

・おめでとうございます。見事な走りでした!

・東海大おめでとう!!!!!

・東海大学✨総合優勝🏆おめでとう👏感動😊ドラマをありがとう❤選手の皆さんお疲れさまでした✨

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事