「権利主張慣れている」「びくびくする必要ない」 中間市長、解放同盟に言及

▼記事によると…

・福岡県中間市の福田健次市長は28日、幹部級職員への年末訓示で、部落解放同盟を名指しして「権利を主張することに慣れている。職員はびくびくする必要はない」などと発言した。

・福田市長は訓示の途中、「ちょっとだけ嫌みを言わせてもらうとすれば」と前置きして部落解放同盟について言及。「己が変われば良いだけなのに、なぜか権利を主張することに慣れている」「(職員が)びくびくしているのが何十年も続いたから、こういうことが続いている」と述べた。

西日本新聞の取材に福田市長は「差別を助長する考えはない。市を良い方向に変えていくため、職員に部落解放同盟関係者と腹を割って向き合うように伝えたかった。誤解を招いたのなら、謝罪する」と釈明した。

2018年12月29日 06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476385/

福田健次 プロフィール


福田 健次は、日本の政治家。本名および旧芸名は福田 浩。かつては、福岡県を拠点にしたローカルタレントとして活動し、アクションを得意とした俳優でもある。福岡県中間市長。愛称は「けんちゃん」、「福田のけんちゃん」。
生年月日:1960年10月11日 (年齢 58歳)
福田健次 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・え?まだあったの??

・間違った事言ってないな

・中間市長支持!!

・ほぅ、なかなか気骨のある市長だな

・当たり前の事を市長として発言してるだけ。それを、部落と通通の西日本新聞が、直ぐに嗅ぎ付け、あーだこーだ言って何も悪くないのに謝罪させようとする。

・よく言った‼️この市長応援するわ(  ̄▽ ̄)‼️

・福田さんが市長になってたのびっくり!頑張れ!

【今日の感想】この記事を読んで…
  • 役に立つ (0)
  • 腹立つ (0)
  • スッキリ (0)
  • 悲しい (0)
  • 興味深い (0)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事