中国漁船、水産庁職員12人乗せ半日逃走 停船命令無視 EEZ漁業法違反の疑い

▼記事によると…

・鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で11月、違法操業の疑いがある中国漁船が、立ち入り検査のために乗り込んでいた水産庁の職員12人を乗せたまま、半日以上、逃走していたことが26日、政府関係者への取材で分かった。

同庁は外国人の違法操業などを規制するEEZ漁業法違反の疑いで捜査。

外交ルートを通じ、漁船員らを中国国内法で処罰するよう中国側に要請した。一時、漁船に連れ回された職員12人にけがはなかった。

2018年12月27日 5時5分
http://news.livedoor.com/article/detail/15796870/

排他的経済水域


排他的経済水域とは、海洋法に関する国際連合条約に基づいて設定される、天然資源及び自然エネルギーに関する「主権的権利」、並びに人工島・施設の設置、環境保護・保全、海洋科学調査に関する「管轄権」が及ぶ水域のことを指す。
排他的経済水域 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・拉致だろこれ

・水産庁の方、かわいそう

・なぜマスメディアはこれを大々的に報じないのか。中国共産党への忖度はもう懲り懲りである。

・まだ漁船だと思ってるの?

・11月5日のこんな大変な事件が今頃公表って事が恐ろしいわ。速報流しても良いような…

・海保の武装を強化して場合によっては警察権の範囲内で撃沈も認めるべきですね。

・違法操業船を撃沈するインドネシアを見習ったら?と思う

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事