朝鮮学校へ地方から補助金 3千5百万円減 いまだ2.6億円支援

▼記事によると…

・9月27日(木)、文部科学省は、昨年度平成29年度の地方公共団体による朝鮮学校への補助金の支出状況を明らかにしました。

平成29年度は、群馬県1県と大阪府等の11市が取りやめ、合計3千5百万円減とはいえ、いまだ13道府県95市区町が計2億6千万円を補助しています。

国からは朝鮮学校への補助金は出ていません。そのことで、朝鮮学校は、「民族差別」だと国を相手に各地で裁判を起こしています。一方、地方自治体からは同校に対して補助金が支出されています。


写真は、地方公共団体による朝鮮学校への補助金一覧(データ出所:文部科学省、作成:赤池事務所) ※青地が廃止自治体、赤字が増額自治体(クリックで拡大)

2018年09月27日 14:35
https://blogos.com/article/327899/

朝鮮学校


朝鮮学校、とは、朝鮮民主主義人民共和国を支持する在日朝鮮人組織である朝鮮総連の指導の元で運営されている各種学校。日本の学校教育法上、非一条校に分類される。日本政府から補助金が支給される一条校の外国人学校 として認可され、大韓民国を支持する在日韓国人・韓国人が通う韓国学校とは異なる。
朝鮮学校 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・国会議員に出来るのは「スパイ防止法」です。これがあれば自治体まで変えることが出来る。宜しくお願いします。

・各都道府県の皆さん!あなたの血税で、反日教育がなされ、日本を狙うミサイルが造られていますよwww!

・即刻停止して頂きたいです😩

・各地方の自民党県連にも問題があるかと思います。大阪府連も酷いです。

・日本国民が納めた税金です。

・ふざけんなよ💢2.6億円も補助金支給てなんなん💢それだけあれば小中学の冷暖房が賄えるんやないんかなぁ。自国の学校後回しかい💢日本はどうなってんの😈。

・そんなにお金が余ってるのなら、日本人に向けて使ってほしいですね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事