政府はもっと厳しく韓国に対して対応すべき

韓国海軍による火器管制レーダーを照射した問題で、自民党は緊急の会合を開き対応を協議。

自民党・小野寺安全保障調査会長
私は、政府はもっと厳しく韓国に対して対応すべきだ

日本の領土を守るため行動する議員連盟・新藤義孝
政権の運営能力はもうない。外交は死んだも同然

Mi2さんのツイート

小野寺五典 プロフィール


小野寺 五典は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。旧姓は熊谷。 外務大臣政務官、外務副大臣、防衛大臣、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、自由民主党政務調査会長代理、自由民主党宮城県連会長等を歴任した。 気仙沼市長を務めた小野寺信雄は義父。
生年月日:1960年5月5日 (年齢 58歳)
小野寺五典 - Wikipedia

新藤義孝 プロフィール


新藤 義孝は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自民党埼玉県連会長。総務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣等を歴任。母方の祖父は、硫黄島の戦いにおける日本軍守備隊最高指揮官の栗林忠道陸軍大将である。
生年月日:1958年1月20日 (年齢 60歳)
新藤義孝 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・現防衛大臣どうした。何してる。

・やっぱり小野寺さんに戻ってもらいたいなぁ。

・その通り。もっと言え

・岩屋大臣には、もう少し毅然とした態度で対応してもらわないと…

・近くて最も遠い国。もう、断交の条件は揃った

・もっと言って欲しい

厳しく対応しないと、自衛官の安全が守られない。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事