【アカン】完全菜食主義者、赤ちゃんに穀物と野菜だけを与え続け取り返しのつかない事態に・・・

▼記事によると…

・オーストラリア・シドニーで驚きの事件があった。

・生後1歳7ヶ月の娘がヴィーガン向けの食事を与え続けられ、重大な疾病を患った。

乳幼児の食事メニューとしては驚くほど不健康なもので、朝食にはカップ1杯のオーツ麦にライスミルクとバナナ。昼にはトースト1枚、夕食もオーツ麦を食べていたようだ。

極度の栄養不足により、女の子は骨格が柔らかくなる「くる病」を発症。

病院でビタミンDの検査が行われたが、結果は”測定不能”だった。担当医によると、全身の骨が脆くなっており「普通に接しただけでも骨折してしまう恐れがあった」という。

この事件が発覚したのは今年3月、女の子が発作を起こし病院に連れて行かれた時だった。すでに1歳半だったにも関わらず、体重は4.9kgほど。ハイハイしたり話すことも出来なかった。

そして警察へと通報が行き、両親は逮捕されることに。

・なお赤ちゃんと二人の兄弟は、養護施設に送られているようだ。

2018年12月24日
http://yurukuyaru.com/archives/78546505.html

ビーガンとベジタリアンの違い!


一般的なベジタリアンが肉や魚を食べないのに加え、ビーガン(ヴィーガン)は卵・乳製品・はちみつも口にしません。ベジタリアンのベジとはラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源で、「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味です。
ベジタリアンと一口にいっても沢山のタイプに分けられます。
・ビーガン(植物性食品のみを食べる)
・ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
・ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
・ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる)
ビーガンにも、色々なタイプが存在します。
・エシカル・ビーガン(食品だけでなく、レザーや毛皮などの動物製品も使用しない)
・ダイエタリー・ビーガン(衣料品などにはこだわらないが、動物性食品を口にしない)
・フルータリアン(果物など収穫により植物を殺さないものを食べる)
ベジタリアン・グルテンフリー・ビーガンの情報ならVegewel Style

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・当人が病気になるなら自己責任だが抵抗も不調も言えない乳児に強要すんなよ

・ビーガン叩かれてますが、食べれないんだから仕方ない。

・ライスミルクって何だよ普通の粉ミルクすら駄目なのか

・ペットにも同じことして虐待してた奴らいたよな

・ヴィーガンでも調べれば赤ちゃんにいい食事もあるだろうに。本当にいいかどうかではなく盲信してるからこうなったんだろう

・1歳半で5キロはヤバすぎ

・こんな結果になってからの両親の言い分が聞きたいね

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事