日経平均2万円割れ、一時900円超安 輸出関連下げ拡大

▼記事によると…

・投資家が世界的にリスク回避の姿勢を強めている。24日の欧米市場では株安が加速し、米ダウ工業株30種平均の下げ幅は653ドルに達した。この流れを受けて始まった25日の東京市場では日経平均株価が続落。下げ幅は一時900円を超え、取引時間中としては約1年3カ月ぶりに2万円を下回った。

株売り債券買いが進み、日本の長期金利は17年9月以来のゼロ%に低下した。外国為替市場では一時1ドル=110円台前半と約4カ月ぶり円高水準となった。

3連休明けとなった25日の東京市場で日経平均は前週末比380円(2%)安の1万9785円で始まった。東証1部の99%の銘柄が下落する全面安の展開だ。日経平均が取引時間中に2万円を割るのは2017年9月15日以来となる。

2018/12/25 9:01
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39331500V21C18A2I00000/

日経平均【12月25日 10:50 JST】

日経平均株価


日経平均株価は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225とも呼ばれる。 英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される。
日経平均株価 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・増税凍結の口実が出来て何より

・18000円台までいっけー‼︎

・これで消費税増税をストップできるのか。本当に?

・もう好景気は終わり。

・たぶん… リーマンショック級ではないと言い出すんだろうなぁ…

・今はまだリーマンショック級ではないかも知れないが、このまま消費税増税になれば、日本だけ合わせ技一本のリーマンショック級になるんじゃねえか?

・あれ?ふざけてる場合じゃなくヤバくね?って思ってると年明け早々に爆上げとかあるからなぁ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事