僕のおじいちゃんは、

某有名大学出身でとても頭も賢く、

運動神経も抜群で、小さい頃は

よく勉強やスポーツなど、

色々とおじいちゃんに

教えてもらっていた。

そんなおじいちゃんが

大好きで尊敬していたし、

誇りでもあった。

しかし、今は

おじいちゃんに勉強を

教えてもらっていない。

正確に言えば、

教えてもらう事が

できなくなってしまった。

僕が高校2年生の頃、

おじいちゃんは

痴呆症になってしまったのだ。

今では、僕の事も、

実の娘の僕の母親も

分からなくなってしまって、

いつも僕たちに、

「初めまして」

とあいさつをしてくる。

唯一、奥さんである

僕のおばあちゃんの事は

分かっているみたいだったけど、

ここ最近になって、

おばあちゃんの事も

分からなくなってしまった。

しかし、

おばあちゃんは毎日笑顔で、

懸命におじいちゃんの世話をしていた。

今年の年初め、

家族みんなで集まって

家でごはんを食べようとなり、久々に

家族全員で集まることになった。

家族の誰一人分からなくなって

しまって、とても緊張をしている

おじいちゃんに、おばあちゃんが

笑顔で家族のみんなを紹介していった。

すると、

いきなり、おじいちゃんは

真剣な顔をして、

おばあちゃんに向かって話し出した。

「あなたは、本当に素晴らしいお方だ。

いつも素敵な笑顔で、

僕に笑いかけてくる・・・

あなたが笑ってくれたら、

僕はとても 幸せな気持ちになれます。

もし、独り身なら、

ぼ、僕と結婚してくれませんか?」

家族全員の前でのプロポーズだった。

2回目のプロポーズに、

涙をぽろぽろこぼしながら、

おばあちゃんは笑顔で、

「はい」と答えた。
____________

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141707554458505501/2142388751355841003

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事