ローラさんの辺野古工事阻止10万筆署名賛同こそ、真の保守であり愛国者だ

▼記事によると…

・タレントのローラさん(28歳)が、米ホワイトハウスの請願サイト「WE the PEOPLE」において、辺野古移設工事を止めるよう求める署名活動についてインスタグラム等で賛同の意を示したことが大きな波紋を呼んでいる。

・私はローラさんが、辺野古移設工事反対10万筆署名に賛同の意を示したことの、どこが「左傾」「反日」なのか、まったくもって意味が分からない。

沖縄の先祖代々の土地を、米軍から取り戻したい。沖縄の先祖代々の土地に、これ以上米国の軍隊の基地を創って欲しくない―。これこそが保守であり、真の愛国者の姿勢では無いのか。

この観点からすると、ローラさんの意思表明こそが、まさに真なる保守であり、そして正にまっとうなる愛国者の姿勢そのものである。

古谷経衡 | 文筆家/著述家 12/21(金) 21:50
https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20181221-00108562/

ローラ プロフィール


ローラは、おもに日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都出身。LIBERA所属。双子の弟がおり、さらに下の兄弟も双子である。
生年月日:1990年3月30日 (年齢 28歳)
ローラ - Wikipedia

古谷経衡 プロフィール


古谷 経衡は、日本の評論家、文筆家、著述家。株式会社オフィス・トゥー・ワン所属。血液型A型。日本ペンクラブ正会員。千葉県松戸市在住。
生年月日:1982年11月10日 (年齢 36歳)
古谷経衡 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こんな浅はかで見識の低い人でないと、評論家としてテレビなど偏向マスコミのお座敷はかからないのですよね。

・アメリカと中韓比較してこれ言っちゃうって…同盟国でもなきゃ安保条約結んでるでもない国の軍事施設があったらそれこそ問題でしょうに。評論家ってこのレベルでできるんですね。

・その口で続けて「だから、日本は軍を持ち、核配備し、自国、自国民を守る様にならなければならない」と言え。

・こんな輩達だから某マスコミのコメンテーターということもありがち、日頃のコメントも何の生産性がない偏ったことしか語ってない

・この人のペラペラさはローラと変わらん程度。ローラより取り柄は少ないけど。

・一部同意する部分はある。米軍基地は最終的に軍隊になった今の自衛隊に置き換わるべきだと思う。その為には憲法改正が必要。それもなくして米軍の撤退を支持するのは危険すぎる。自分で守れないのにアルソックを解除するようなもん。

・これでマスコミの仕事が増えますか?(笑)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事