韓国国防省「レーダー照射せず」 日本側「証拠ある」

▼記事によると…

・韓国国防省は21日、「当時、遭難した北朝鮮船舶を捜索するためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性がある」と説明していた。

しかし、韓国国防省は24日の会見で、「哨戒機に対して射撃管制用レーダーは照射していない。哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したので、カメラで撮影しただけだ」と反論した。

日本の防衛省関係者はFNNの取材に対して、「われわれには、電波照射を受けたという証拠がある。素直に謝ればこんな問題にはならない」としており、双方の主張は対立している。

2018年12月24日 月曜 午前11:51
https://www.fnn.jp/posts/00408407CX

国防部


国防部は、大韓民国の国家行政機関であり、庁舎はソウル特別市龍山区にある。国防部の長を「国防部長官」と称し、国務委員が任命される。諸外国の国防省、日本の防衛省に相当し、大韓民国国軍を司る。
設立: 1948年8月15日
国防部_(大韓民国) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・遂に日本側は証拠がある事まで言及した。韓国はもはや言い訳不可能。

・じゃあ最初の説明は嘘かよ

・かの国に証拠が通用すると思ってるのは甘い見通しと言わざるおえない

・絶対に日本には謝らないマン

・ガキの言い訳レベルな事を国交で話してるのがホント救いようがないわ。

・アカンwwwもう呆れる通り越して笑えるわw予想通り過ぎてw

・ウソや言い訳を信用してもらえないから次のウソを用意して言い訳しての繰り返し

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事