クリスマスツリー、韓国で渡った

▼記事によると…

・12月にある、もう一回クリスマスが近づいている。誰宗教に関係なく、クリスマスに関連思い出ひとつはあるものと考えられる。

そしてそのような思い出を召喚する象徴物も一つずつ心の中にあろうかと...輝いていたクリスマスツリー、夜空に降っ白い目、暖かいこの交わしていたプレゼント、子供の日枕元にかけておいた靴下...

その中でも、クリスマスと必ず浮かぶクリスマスのシンボルは、クリスマスツリーではないかと思う。ヨーロッパとアメリカはもちろん、その他の地球のあちこちでクリスマスに欠かせないクリスマスツリー。

このクリスマスツリーの起源は韓国で、韓国の特産種であることを知っている人は珍しいだろう。

2018.12.19(韓国語)
http://www.biznews.or.kr/news/article.html?no=8294

クリスマス


クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭であり、降誕祭ともいう。 毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である。
クリスマス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・毎度の「あるある」かぁ〜。もう飽きたよ

・もう、たいがいにしてほしいですよね

・自分で蒔いた冗談の種が、数十年後には本気になってるいつものパターンですね。統一協会型クリスマスって言うのがあれば、それは勝手に主張して下さい。

・自生しているものにロイヤリティって発生するのかな?

・へぇ〜そうなんだぁ。またひとつ賢くなったなぁ

・出た出たw またかよ。

・もう笑いも出ない。(笑)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事