高須院長のツイート

次回からは攻撃とみなして即座に撃沈すべきです。

これは明確な攻撃であります。銃を取り出して自分に狙いを定められたら応射するのは正当防衛です。現行憲法でも何ら問題はないとおもいます。

「米軍なら即座に撃沈」 レーダー照射、日韓関係さらに冷え込み

高須克弥 プロフィール


高須克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日: 1945年1月22日 (年齢 73歳)
高須克弥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・その通りです、毅然として対応すべきです

・激しく同意!撃墜されてからでは遅すぎる!

・専守防衛ですね、レーダーロックは攻撃ですから、防衛活動は正当な行動です

・政府は、それくらいの発言をして欲しいですね。

・仮にも今現在表面上は一応の友好国なのですから、撃沈まで行かずとも、相手の艦に被害を与えるような行動はすべきだと思います。それをしないで来たから日本は舐められる

・まーまーまー、大人の対応を!って、やってるから攻撃がやまない。

・戦線布告ですよね…

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事