中国が3人目のカナダ人を拘束、引き渡し阻止へ圧力強化か

▼記事によると…

・カナダ紙ナショナル・ポスト(電子版)は19日、中国で新たにカナダ人が拘束されたと報じた。中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部が米当局の要請によりカナダで逮捕された今月1日以降、中国でカナダ人の拘束が確認されたのは3人目。

同紙によると、カナダ外務省も3人目のカナダ人が拘束された事実を認めているが、身元や華為の事件との関連など詳細を明らかにしていない。

一方、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は19日の記者会見で、3人目のカナダ人の拘束について「聞いていない」「把握していない」と答えるにとどめた。

・中国当局は10日、国際シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」に所属するマイケル・コブリグ氏と、北朝鮮との文化交流事業などを手がけるマイケル・スパバ氏の2人のカナダ人男性を拘束し、「中国の国家安全に危害を与える行為に関わった疑い」で取り調べている。

2018.12.19 16:13
https://www.sankei.com/smp/world/news/181219/wor1812190020-s1.html

華春瑩 プロフィール


華 春瑩は、中華人民共和国江蘇省出身の外交官、報道官。
生年月日:1970年4月 (年齢 48歳)
華春瑩 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・本気でケンカする気かね?

・在日中国人が「中国はいっぱい外国人をスパイ容疑で拘束しますよー」って言ってたけど 。マジなんだなぁ

・北朝鮮みたいだな

・カナダの様に屈しない姿勢は、ある意味日本の政治家も見習うべき。

・特亜の本質

・テロ組織がやる事を平気でやる中国が、覇権国家になったら、冗談抜きで人類の未来は暗黒になる。

・中国共産党というマフィ○が中華人民共和国を支配していると理解して間違いないだろう。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事