韓国首相、韓日・日韓議員連盟合同総会で「自国民の反感を刺激・利用するのは無責任なこと」

▼記事によると…

・韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が14日、韓日・日韓議員連盟合同総会の開会式に出席し、祝辞を通じて韓日関係改善の必要性を強調した。

・また「政治とメディアが相手国に対する自国民の反感を刺激して利用しようとすればそれは無責任で危険なこと」としながら「難しい問題が起きた時ほど政治指導者は節制を守って知恵を発揮しなければならない」と話した。

2018年12月14日 14時29分
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=248147&servcode=a00&sectcode=a10

李洛淵 プロフィール


李洛淵は、韓国の政治家。現在、同国国務総理。元国会議員、前全羅南道知事。共に民主党に所属。
生年月日: 1951年12月20日 (年齢 66歳)
李洛淵 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いつまで自己紹介してんだよ

・日韓合意を破棄しようとしたのだって国民がうるせーから政府が従った形だろw

・おまいう

・この首相の発言を30人の日本の国会議員は黙って聞いていたのか?それこそが大きな問題。

・そっくりそのまま自国民に向けて発信してくれ。

・韓国だけは許さない

・自国民に無責任な歴史教育をして反日を刺激し続けている国の政治家ならではの無責任な発言だ。日本は何も変えていない

・こんなこと言われて黙って帰ってくるなよ。少なくとも日本国民の怒りは伝えてこいよ。

・文が一番煽った張本人なんだが

・いつまで綺麗事を言い続けるんだろう。日本の問題に対しての姿勢はハッキリしてるぞ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事