東名あおり事故、被告に懲役18年判決 危険運転罪認める

▼記事によると…

・2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、あおり運転で停車させられた家族4人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の判決公判が14日、横浜地裁であった。

深沢茂之裁判長は石橋被告に懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。争点となっていた危険運転致死傷罪の成立を認めた。

2018/12/14 11:16
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38929040U8A211C1CC0000/

あおり運転


あおり運転は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。2016年の「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件。警察庁は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている。
あおり運転 - Wikipedia

twitterの反応

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事