水道水で鼻うがいをしていた女性、脳を食べるアメーバに感染して死亡

▼記事によると…

・脳喰いアメーバの恐怖は身近にあります。

シアトルにいる68歳の女性が、水道水で鼻うがいをしていたことで脳を食べる珍しいアメーバを摂り込んでしまい、亡くなりました。

この件について、感染症国際ジャーナル「International Journal of Infectious Diseases」の新しいケース・スタディーで、このように記述されました。

この感染症は当初、脳腫瘍として誤診されていました。疑いのある腫瘍を取り除く手術中、シアトルのスウェディッシュ・メディカル・センター神経外科医の執刀医チャールズ・コブズ医師は、脳の損傷の程度に驚き、さらなるテストのためサンプルを抽出しました

コブズ医師は、The Seattle Timesにてこの状況についてこう語っています。

私がこの女性に手術をしたとき、脳のゴルフボール大ほどの部分が血まみれになっていたんです。そこには脳細胞を食べるアメーバがそこら中に巣食っていたのですが、我々は最初それが何なのかわかりませんでした。

そこで組織を切り取って調べたら……アメーバだということが判明したのです

その後の生検レポートには、女性に寄生していたのは「バラミュージア・マンドリラリス(Balamuthia mandrillaris)」というアメーバだったことが示されました。この種の感染症は非常にまれですが、特にこの事件は、「鼻うがいからと思われる、Balamuthia mandrillaris脳感染の最初のケース」である、と珍しい事例として記載されたのでした。

2018.12.12 14:00
https://www.gizmodo.jp/2018/12/rare-brain-eating-amoeba-kills-woman.html

プロが教える「水道水」の危険性と安全に飲むための全ポイント


水道水は安全という人もいれば危険という人もいますが、世界的にみれば日本の水道水は安全性が高いと言えます。日本では水道水を飲み水として使う人は4割程度です。特に水道水が美味しい地方ではその割合が高く、逆に東京や大阪など都心部では水道水以外を選ぶ人が多いです。しかし、水道水は殺菌するための残留塩素の問題があるため、日々の生活に欠かせない水として、水道水の安全性を正しく理解して使いましょう。
無添加ぐらし

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・怖すぎやろ・・・

・ひええ。

・これ日本じゃ問題ないんか?

・薬剤師の姉にも言われたんだけど、これ気をつけないとほんとに危険なんだな。“煮沸した食塩水または生理食塩水”だと大丈夫みたい👌

・アメリカで

・やっぱ守るべきこと守らないとだめなんだね(消毒とか

・恐ろしい、、、万年鼻が悪いから、時々浄化した水道水を少し温めて食塩加えたので鼻うがいするけど、こんな危険性あるんだね。

・日本でもってか自分も水道水使って下さいって医師に指導されてるけど大丈夫なの?

・アメリカでも水道水はアカンのやな

・飲めない水が水道から出る国って大変やな…日本に居ると全く想像つかん…

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事