小泉純一郎元首相が安倍首相の判断力を批判「やれないことを」

▼記事によると…

・13日の朝日新聞によると、小泉元首相は前日に同紙とのインタビューで「(改憲に)野党は賛成しない。

(安倍首相が)やれることをやらないで、やれないことをやろうとしている」としてこのように話した。

安倍首相は2020年中の新憲法施行を目標に2019年に改憲を推進中だ。

これについて小泉元首相は「憲法改正は自民党だけでできるわけない。野党第1党の協力が必要だ」とし、来年夏に実施される参議院選挙で「憲法は選挙の争点にすべきではない」と指摘した。

小泉元首相は「反原発」を主張し安倍首相を批判したりもした。

彼は2011年の福島原子力発電所事故後、政府が「原発ゼロ」政策を採択したとし、「安倍首相はできることをなぜやらないのか」と批判した。

2018年12月13日 10時30分
http://news.livedoor.com/article/detail/15733203/

小泉純一郎 プロフィール


小泉純一郎は、日本の政治家。 衆議院議員、厚生大臣、郵政大臣、内閣総理大臣、自由民主党総裁農林水産大臣などを歴任した。
生年月日: 1942年1月8日 (年齢 76歳)
小泉純一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・リーダーとして能力欠如と言うことかな。

・安倍さん、頼むから温和な日本を分断するような手法は控えてね。

・ことの発端は郵政民営化にあったと最近気が付きました。小泉さんの罪は大きいと思います。

・俺は小泉元首相の功績は肯定的に見ている方だが、安倍首相の判断力が悪いなどと強弁してみても、その安倍を後継者に選んだのは誰かというツッコミがどうしても消えない。

・良い、悪いは、それがないと評価出来ないんだけどな。

・鳩山さんもしかり、引退した人は口を挟むべきじゃないと思います。

・小泉の主張には反対だ、それでも、反対意見の存在は、民主主義の健全さを保つために必須。親日言論を封殺し、それが為に自身が何者かさえも見失っている韓国人が、良き反面教師だ。

・野にいるときは、国民受けする発言、権力を握れば豹変。

・小泉も人の事言えないよ

・期限を切ってやるべきこととそうでないことの判断ができないということだ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事