「全く考えてません」

東京新聞・望月衣塑子
辺野古の土砂投入について沖縄県が赤土等流出防止条例の届出が必要との指導に防衛省側は岩石だと。政府がすり抜けを画策してる。総理は『県民に寄り添う』と、このような発言そもそも撤回するべき

菅義偉官房長官
全く考えてません

Mi2さんのツイート

望月衣塑子 プロフィール


望月 衣塑子は、中日新聞社の社員。2018年10月現在、東京本社社会部記者。
生年月日:1975年 (年齢 43歳)
望月衣塑子 - Wikipedia

菅義偉 プロフィール


菅 義偉は、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 70歳)
菅義偉 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・質問というより、要望?てか願望か?

・いかに沖縄工作員、カン生連中とつるんでいるかが良く分かる。連日、詳細に連絡し合ってるんだろうな。

・一介の記者が質問の場で要求するとか、図に乗り過ぎですね。記者クラブでの会見は今後なくすべきです。

・国民の声を全く代表出来ておらず、自身の妄想を垂れ流すこの望月という記者には、なんらかのペナルティを課すべきでは?

・あのさぁ、もっとまともな質問しろよ。質問にすらなってないじゃん。

・立憲から選挙に出る為のパフォーマンス。

・もう出入り禁止でいいよ馬○らしい。

・そろそろ「沖縄」を甘やかすのは止めにするべきです・・・。

・質問じゃなくてコレ意見だよね?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事