維新「深夜国会の残業代公表を」

▼記事によると…

・日本維新の会の遠藤敬国会対策委員長は11日、国会内で大島理森衆院議長と会い、改正入国管理法をめぐり8日未明まで続いた国会で必要になった職員らの時間外手当など経費の公表を求めた。申し入れ後の記者会見で「あんな時間まで国民の税金を使ってやる必要があるのか」と述べた。

・維新によると、2月26日夜から27日未明の働き方改革関連法をめぐる審議で、職員の残業代やタクシー代が合計1800万円を超えていた。8日は衆参両院で職員が待機したため、遠藤氏は「今回は3000万円を優に超えるのではないか」と主張した。

2018/12/11 18:02
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38795410R11C18A2PP8000/

大島理森 プロフィール


大島 理森は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、衆議院議長、尾崎行雄記念財団会長。 青森県議会議員、国務大臣環境庁長官、文部大臣、科学技術庁長官、原子力委員会委員長、農林水産大臣、内閣官房副長官、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁、自民党たばこ議員連盟顧問などを歴任。
生年月日:1946年9月6日 (年齢 72歳)
大島理森 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ふざけるのも大概にしてくれ

・なら、通常国会とかでも審議拒否したら、報酬へらせよ

・ふざけんなク◯ども

・反対のための反対をする野党は次の選挙で全滅させたい

・付き合わされる官僚がかわいそう

・深夜勤務の残業代が出るとはいえ、こんなん続けていたら壊れる官僚も続出するだろ。せめて終電で帰れるように国会運営したれや

・こんなくだらないパフォーマンスのコストが3000万…マジで笑えない

・国民の血税を何だと思ってるんですかね…

・開いた口が塞がらないわ

・勘弁してくれ まじで

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事