まず現状の問題を解決する政策を

百田尚樹
外国人が増え保険・治安・年金・生活保護など現実的な問題が起こってるのに改善しないまま次に行こうとした。まず現状の問題を解決する政策をとってからの話だと思う

百田尚樹 プロフィール


百田 尚樹は、日本の放送作家、小説家。
生年月日:1956年2月23日 (年齢 62歳)
百田尚樹 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・納税者や社会保険の被保険者が増えるという、点も考慮して、果たしてどちらのほうが、社会にメリットが有るのだろうか。

・全く同意見です!

・「外国人材」って言っている人にこそ、言ってほしいんですけど。

・日本がダメになりますね。日本が。ブラック企業促進法。

・こんばんは、百田殿の仰せの事も、的を得ておられるが、とりあえずこれ以上増えない様にするのも、大切なのじゃ、その為の法改正、獅子身中の虫がおるから、出来る事からやっていく他無かろうて、

・政権叩きにもってこいの 分かりやすい大問題に野党も📺テレビもだんまりって ここが変だよ日本のテレビと野党。どちらも日本と日本人のために働く機関では無い‼️

・意図的に伏せているのか疑問は残りますがマイナンバーであの国の輩を把握する計画も成功したのか。やってくれてると信じたいですが。

・全て安倍政権支持者の責任!!

・社会保障。どこの国でも自国民優先。外国人は、別立てで考えるのが普通。

・これから国や企業は、安いコスト以上に、高いリスクを払うことになるよ。確実に

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事