小泉進次郎氏 深夜国会を批判「時間のむだづかい」

▼記事によると…

・国会で最大の焦点となっていた、外国人材の受け入れを拡大するための法律は、与野党の激しい攻防の末、8日の明け方、参議院本会議で成立しました。

自民党の小泉進次郎氏は、10日午前、東京都内で講演し「衆議院側も、午前4時まで、すぐに国会に戻れるところにいなさいという状況だったが、こんな議会は、地方にもなく、国会だけだ」と批判しました。

そのうえで、小泉氏は「野党が悪いのではなく、悪いのは国会の仕組みだ。このままの国会を続ければ、自民党が野党になっても同じようなことをやるだろう。時間、税金、議員のむだづかいをこれ以上放置するわけにはいかない」と述べ、国会改革の必要性を改めて強調しました。

2018年12月10日 11時41分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181210/k10011741441000.html

小泉進次郎 プロフィール


小泉進次郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党厚生労働部会長。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長などを歴任。 父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 37歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・その通り!自民党を推せない部分。

・深夜までの国会、無駄金削減してください!!

・立憲や石破と違って、タマキンや進次郎はたまにはいいことを言うんだよな

・自民党に責任を問うなら「これまでの仕組みを作ってきた自民党に責任がある」まで言うべきでは?

・お仲間にキチンと言ってからな。

・言ってることは正論。ただ具体的な方策を示してほしい。

・深夜に行われる事よりも、国会が正しく機能しているのか、考えてほしい。結果ありきの形だけの審議なら、時間をかける意味はないが、国民の代表者としての責任を持ち、日本の未来の為に、様々な立場や視点から十分な議論がなされているなら、問題ないと思う。

・悪いのは横暴を繰り返す自民党、公明党とその腰巾着で有名な維新。

・言うだけ番長にならないように頑張ってください。

・与党が懲罰動議を出せないのは明確なルールが無いから。言論封殺となる可能性が出てくる。維新が野党第一党になってルール作りをしてくれることを期待。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事