@dgw943さんのツイート

彼は正論を言い過ぎた。マスコミが取り上げなくなるわけだ。

ご指摘があった通り、日本が復活してしまうキーワードだ。

トマ・ピケティ プロフィール


トマ・ピケティは、フランスの経済学者。クリシー出身。経済学博士。パリの高等師範学校の出身で、経済的不平等の専門家であり、特に歴史比較の観点からの研究を行っている。2002年にフランス最優秀若手経済学者賞 を受賞。パリ経済学校 設立の中心人物であり、現在はその教授である。また、社会科学高等研究院 の研究代表者でもある。
生年月日: 1971年5月7日 (年齢 47歳)
トマ・ピケティ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・一瞬最近逮捕されたアイツに見えたのは自分だけじゃないはず

・この方針に切り替わらなければ日本は終わる

・全くの同感です。どんな風に変えればいいと思いますか??🤔

・若者は貧乏なのにあらゆる面で負担をしいられる。第一次産業や研究開発者や技術屋に正当なフィーを与えず、仕組みを独占している仲介業者や、トップの文系エリートおじさんにその分のお金が回る。未来が容易に想像出来てしまう

・なお我々に交際相手はいない模様

・自分の人生人任せすぎ

・お金がないから結婚できないし家族の仕送りや税金で生活ギリギリですᔪ( ᐪᐤᐪ )ᔭᐤᑋᑊ̣

・とりあえず選挙権持ってる人は選挙行ってお願い

・国は会社です

・投票者の世代別の比例代表制度とかあってもいいんじゃないかなと思ってしまう

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事