あおり運転の石橋被告、交際女性が明かした身勝手さ… 逮捕までに「10回以上トラブル」 公判傍聴ルポ

▼記事によると…

・東名高速のあおり運転をきっかけにした死亡事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判。

横浜地裁で開かれた7日の公判では元交際相手と父親も出廷したが、明らかになったのは石橋被告の身勝手な言動ばかりだった。

事故当時、石橋被告が運転する車に同乗していた元交際相手の女性は証人尋問で、被告が事故以前からあおり運転などによる交通トラブルを頻発させていたことを告白。

昨年3月から10月の逮捕までの間に「事件化されていないものも含めれば、10回以上はトラブルがあった」と明かした。

・被告人質問では、石橋被告が逮捕後に被害者遺族に向けた謝罪文を書いていたことも弁護側に明らかにされた。

死亡した萩山嘉久さん=当時(45)=と妻の友香さん=同(39)=の2人の娘に対して「高校や大学など、入学に必要な費用は自分が支払う。

旅行に行きたいのであれば、その費用を支払う」とした一方で「この事故がなければ、私は交際相手と結婚していた。彼女は体が弱く、自分が支えなければならないので、許してほしい」とも書かれていた。

遺族はこれをどう受け止めるか弁護側に問われると、石橋被告は「怒ると思う」と答えるしかなかった。

2018.12.8
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181208/soc1812080011-n1.html

あおり運転


あおり運転は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。2016年の「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件。警察庁は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている。
あおり運転 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

そんな支払い能力あるのか?

・信用できんわ

・金をいくら積まれても死んだ人間は戻ってこないんだよ。

・イマドキの学費がいくらかわかってんの?旅費って言ってるけど、格安航空に激安ホテルとか用意しそうだよねぇ。

・両親を失った子供にそんなの言われても気休めにもならんわ

・払うのは当然で減刑の必要もない

・「これが加害者に言うべきことか?」 なお弁護側もキレてる模様

・うわべだけの謝罪にしか見えない

・こんなやつの金で学校行きたくないだろ

・金さえ払えば殆どチャラに出来る甘ったれた魂胆が見え見えなんだよ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事