「韓国の人種差別は深刻、国家の危機招く」国連の懸念に韓国ネットは猛反発

▼記事によると…

・2018年12月5日、国連人種差別撤廃委員会が「韓国は人種差別が深刻で、国家的危機につながりかねない」との懸念を示した。

韓国の京郷新聞は「難民、移住労働者に対するヘイト表現が社会問題となっている中で、政府の対処が注目される」と伝えている。

12/7 12:56
https://www.recordchina.co.jp/b668328-s0-c30-d0144.html

人種差別撤廃委員会


人種差別撤廃委員会は、国連の人種差別撤廃条約に基づき設立された独立した人権団体である。正式名称は「人種差別の撤廃に関する委員会」略称はCERD。国連の名前を冠して記載される事も多いが独立性が条約に明記してあり、厳密には国連の機関ではない。
人種差別撤廃委員会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本人に対するヘイトはし放題。それなのに何故か被害者ヅラ。世界中に嘘がバレて来た。

・国連の方から来ましたが珍しく日本以外に苦言を呈してる

・この記事を深刻に受け止めてほしいもんだよね

・韓国人は自分らが非難されると差別だヘイトだって被害者面するからな

・収拾つかなくなってきたら国連に頼るとか恥ずかしくねえのか韓国

・日本人相手なら幾らでも差別していいと思っているからな。

・外国人が努力して成功すると韓国人が差別されているっていうけどその感情そのものが外国人差別なんだけどな

・やっぱり日本だってひどいとか言ってるなw

・国連が韓国から孤立してしまう

・差別するなと言う奴程差別する

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事