1986年から始まり、長年多くの人に愛されてきた神奈川新聞花火大会。

しかし、2016年8月24日…来年以降の開催を休止すると発表されました。

30年の歴史が終了…神奈川新聞花火大会が休止に

主催である神奈川新聞社は、ウェブサイトで「2016年8月2日に行われた第31回大会をもって、当分の間休止」と発表。

理由として、打ち上げ場所の開発が進み、観覧場所が十分に確保できなくなったことをあげています。

観客の安全を第一に考えることは、主催として素晴らしいと思います。しかし、休止にはもうひとつ『悲しい理由』がありました。

一部の迷惑客のせいで、今後の開催が不安に…

花火大会の休止にあたって、自身の思いを綴った神奈川新聞社代表取締役の並木祐之さん。

長年見守ってきた花火大会への思い入れと、毎年訪れる観客たちへの感謝の言葉と共に、休止する理由についてこう述べています。

残念ながら、一部の観覧者が道路に座りこんだり、立ち入り禁止区域に侵入したりするなど、安全管理上の課題を残してしまいました。

主催者として、今回の花火大会の結果を重く受け止め、関係各所からの声を参考に検討した結果、また、今後みなとみらい地区の開発がますます進むことから、今後の開催の可否について判断しました。

神奈川新聞ニュース ーより引用

開発が進むにつれて観覧場所が減り、一部の人が迷惑行為をはたらいてしまった…それが、もうひとつの休止理由です。

上記にもある通り、この日は80万人の人が集まります。悲しいことに、中には「見やすい場所で花火が見たい」という理由でマナー違反をしてしまう人がいるのです。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事