ゴーン容疑者「覚書」、報酬額を1円単位で記載

▼記事によると…

・日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を巡る有価証券報告書の虚偽記載事件で、ゴーン容疑者が報酬の一部を退任後に受け取ることを定めたとされる「覚書」に、報酬額が1円単位で記されていたことが関係者の話でわかった。

覚書に報酬総額と報告書への記載分、不記載分の金額が明記されていたことも判明。

東京地検特捜部は、ゴーン容疑者の報酬総額が毎年確定していたことを裏付ける証拠とみている。

12/7(金) 7:08
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00050104-yom-soci

カルロス・ゴーン


カルロス・ゴーンは、フランスの自動車会社ルノーの取締役会長兼CEOにして、日産自動車の前会長、三菱自動車工業の前会長。
生年月日: 1954年3月9日 (年齢 64歳)
カルロス・ゴーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こまけえなと思ったが、そこまで数値が計上されてるってことか

・金額1円単位で明記、サインありw、報告書記載なし。脱税する気満々

・経営者としてはこれで正しい

・1円に泣いたものだけが1円を笑うことができる  みつを

・ゴーンに関しては検察の敗けは確定

・今日もただ飯

・合法的に、と指示したんだからやったのは部下の責任。自民党の政治家だったら間違いなくだったら秘書が逮捕。

・下請けには銭単位で値切り倒します

・舛添、ゴーンとフランスについてコメント出してたぞ

・金額確定してたから、会計上は未払報酬だわ。脱税と虚偽記載確定。株主訴訟もあるな。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事