日本は空母保有を決めたのだろう、「いよいよわが国と・・・」=中国メディア

▼記事によると…

・岩屋毅防衛相は11月27日、海上自衛隊のいずも型護衛艦を改修し、空母化することについて前向きな姿勢を示したが、中国では「いよいよ日本は中国と東アジアのリーダーの座をかけて争うつもりだ」との見方が強まっている。

・以下、中国メディアのが載せた、周永生教授の見解

日本が米国から最大100機のF35戦闘機を追加購入することを検討していることを指摘し、いずも型護衛艦の空母化と合わせて「日本は海と空における戦力を拡大しようしている」と指摘

日本がいずも型護衛艦の空母化を行えば「海上自衛隊は東アジアの海上におけるパワーバランスを大きく崩すことになる」とし、海上自衛隊の実力が急激に向上することによって、中国や東アジアの国々の安全保障にとっては大きな脅威となると主張。

一方、日本は空母を保有することを「自国の安全保障のため」と主張するだろうと前置きしつつも、「世界平和の前提のもと、日本はなぜ自国の海上戦力を増強する必要があるのか」と疑問を投げかけた。

2018-12-05 14:12
http://news.searchina.net/id/1672459

岩屋毅 プロフィール


岩屋毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日: 1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

いずも型護衛艦


いずも型護衛艦は、海上自衛隊が運用するヘリコプター搭載護衛艦 の艦級である。先行して建造・配備されたひゅうが型 をもとに大型化し、航空運用機能や多用途性を強化したものとなっている。また、兵装はひゅうが型と比べて簡易な物となり、よりヘリ空母に近づいたと言える。
いずも型護衛艦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本は別に強さを競ってないよ

・戦争やったら物量には勝てん。優秀な兵器があろうと扱う人間が居なきゃ只のガラクタ。

・海洋国家に正規空母は必要

・リーダーになるより北と南が統一確定的だからそのけん制と言うべき。まぁスクランブル発進が増えてるため滑走路増設するより高効率だからね

・たった1隻の空母で何とかなると思ってんのか

・もう日本はゲームとかアニメの中でしか本気で戦争する気はないですから…

・私は中国人ですが、大気汚染の影響はだんだん出てきて死人も出てきてます。でも報道すらされません、隠ぺいされてます。この調子で行くとあと数年で人口の3分の2は○滅します。これが今の中国の現状です

・いつものおまいうだな。先に軍備増強し出したのどっちよw

・先に目の前の現実を見てくれ!中国の大気汚染をどうにかしろよw

・どう考えてもパワーバランスが安定する件。1国が空母何隻も持ってる状態が一番バランス悪いですよね?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事