英国もファーウェイ排除の決定を MI6長官が警告

▼記事によると…

・英秘密情報部(SIS、通称MI6)のアレックス・ヤンガー長官は3日、情報機関の相互協定を結び、機密情報を共有する「ファイブ・アイズ」諸国と同様に英国も第5世代(5G)移動通信システムの導入にあたり、国家安全保障上の懸念から中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の参入を排除する決定を行うべきだと述べた。

セントアンドルーズ大で講演したヤンガー氏は「われわれの仲間が行っているように、中国政府と密接な関係にあるファーウェイの次世代高速通信システムに依存すれば、情報網を危機にさらす危険がある。

とりわけ軍事関連の通信を傍受されれば、戦略が筒抜けとなって安全保障上の脅威となる」と訴えた。

2018.12.4 11:19
https://www.sankei.com/world/news/181204/wor1812040007-n1.html

秘密情報部


秘密情報部は、イギリスの情報機関の1つ。MI6の略称が広く知られている。国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、情報工作を任務としている。
設立: 1909年7月
秘密情報部 - Wikipedia

ファーウェイ


ファーウェイ・テクノロジーズは、中華人民共和国の通信機器メーカーである。
CEO: 任正非 (1988年–)
創立者: 任正非
設立: 1987年9月15日
ファーウェイ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・docomoはこの記事見てどう思うのかな?

・日本もはよ😲

・世界がファーウェイ禁止にしているのに何故docomoは売り続けるの?

・日本はもう情報垂れ流し前提になってるとしか・・・LINEなんてものが主流になってる時点でどうしようもない

・うあーよかった…買わなくて

・中国が民主化すれば安いので買いたいんだけどね。

・日本は安全と言われちゃいるけど安心ではないよね

・よその国は仕事が早いな〜。

・日本の闇を感じる。

・日本は禁止なんて発表してないがLINEも韓国情報院が情報を抜いてると公表してるが政府機関が採用の話も出ている。国家としてのセキュリティを考えていない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事