遺伝子操作によりHIV耐性を持つ赤ちゃんを作り出した中国の研究者 行方不明になる

▼記事によると…

・中国の研究者が世界初となる、遺伝子操作によりHIV耐性をもつ子供を誕生させ話題となった。ゲノム編集技術により受精卵の遺伝子を改変し、HIVに耐性をもつ双子を誕生させたと11月28日に発表された。

双子の名前はルル、ナナと名付けられたが、この遺伝子操作に批判が殺到。

そんな研究者を行った賀建奎副教授が行方不明になっていると香港メディア蘋果日報が報じた。

2018/12/04 11:08:30
http://gogotsu.com/archives/45888

ゲノム編集


ゲノム編集とは、部位特異的なヌクレアーゼを利用して、思い通りに標的遺伝子を改変する技術である。ヌクレアーゼとしては、2005年以降に開発・発見された、ZFN(ズィーエフエヌ、または、ジンクフィンガーヌクレアーゼ)、TALEN(タレン)、CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)を中心としている。従来の遺伝子工学、遺伝子治療と比較して、非常に応用範囲が広い。
ゲノム編集 - Wikipedia

ヒト免疫不全ウイルス


ヒト免疫不全ウイルスは、人の免疫細胞に感染してこれを破壊し、最終的に後天性免疫不全症候群 を発症させるウイルス。1983年に分離された。日本では1985年に感染者が認知された。 本項では主にHIVに関して解説する。HIVが引き起こす感染症に関しては上記「AIDS」の項を参照。
ヒト免疫不全ウイルス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・行方不明ということにして、政府にもっと利用されるだろ。

・これ使い方で人間兵器もできるわけか?

・人体の不思議展

・母体に戻すの今は未解明だから禁止とか言ってるけど、じゃあいつ解明するんだよ

・しかし中国こえーな。平気にこんな著名人が不明になる

・これ発表したことがヤバかったんだろうな

・そもそもちゃんとHIV耐性持ってるか誰も確認してねえんだろ?あります段階で騒ぎ過ぎたんじゃねえの?

・天才やんけ。この双子から血清作れるんと違うんか?

・共産党幹部専用の研究所に移されたのだろう

・遺伝子操作の怖いところは操作した遺伝子は外から分からないところ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事