高校職員 生徒3人と飲酒、運転し事故も・・・ 男子生徒重傷

▼記事によると…

・福島県いわき市の県立高校の27歳の男性職員が、生徒3人と酒を飲み、その後、重傷事故を起こした。

・1日午後7時ごろ、いわき市小名浜の居酒屋で、いわき海星高校の27歳の男性職員が、高校2年生の男子生徒3人と酒を飲んだ。

さらに、男性職員が運転する自家用車でカラオケ店に向かい酒を飲み、1人の生徒を自宅に送り届けたあと、工場のシャッターに衝突する事故を起こした。

・4人は今年9月から先月まで、小名浜港とハワイを往復した練習船「福島丸」に乗船、「打ち上げのような気持ちだった」と話している。

男性職員はビール中ジョッキ1杯、焼酎の水割りを5~7杯、缶チューハイを2本飲んだと話していて、事故後、基準値を超えるアルコールが検出された。

3日 18時55分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539777.html

福島県立いわき海星高等学校


福島県立いわき海星高等学校は、福島県いわき市小名浜に所在する県立高等学校。福島県に一校だけの水産高等学校であり、練習船「福島丸」を所有している。
設立: 1934年4月1日
福島県立いわき海星高等学校 - Wikipedia

酒気帯び運転


酒気帯び運転とは、道路交通法における飲酒運転のひとつで厳しい罰則があります。お酒(アルコール)は、少し飲むだけでも脳の機能に影響し、運転時の注意力や判断力を低下させてしまいます。「自分は酔わない」「飲んでから少し寝たので大丈夫」。そんな考えが人の命を奪う重大な事故につながることも…。
道路交通法では、飲酒運転を大きく分けて「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」と定義しています。
・酒気帯び運転
呼気(吐き出す息のこと)1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された状態
・酒酔い運転
まっすぐに歩けない、受け答えがおかしいなど客観的に見て酔っている状態
チューリッヒ保険会社

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・生徒と酒を飲みに行こうとする気がしれない。何故大丈夫だと思ったのだろう。

・おいおい

・愚か者すぎんか

・昔はこういう先生結構居ったけど、平成も終わろうとしとるのにアホか(笑)しかも事故まで起こして…生徒に怪我までさせて話にならん

・吉澤ひとみばりの犯罪ミルフィーユ。

・何やってんだか

・事故さえ起こさなければ何もバレなかっただろうになぁ・・・w

・最近酒の事件多いし規制しろよ

・世の中反面教師は必要てことよね

・いつも思うけど何を何杯飲んだとかどうでもよくね?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事