首元をつかみ「海に沈めるぞ」東名あおり事故の当時の状況が明らかに

▼記事によると…

・東名高速道路で「あおり運転」を受けた車の夫婦が死亡した事故で、亡くなった萩山嘉久さん=当時(45)=の母文子さん(78)=静岡県清水区=が3日、横浜地裁で行われた石橋和歩被告(26)の初公判後に記者会見し、「あおり運転をなくしたい。判決が厳しければやらない人もいるかも」と語った。

・文子さんは、被害者参加制度を使い公判に出席。退廷する際、目が合った石橋被告が、少し頭を下げるしぐさが見えたという。会見では「孫らが(追突した)トラックの運転手をかばう理由が分かった。一番悪いのは(被告)一人だから」と話した。

・同日の公判で検察側は、車に同乗していた萩山さんの次女の調書を朗読。高速道路上で突然停車すると、石橋被告が近づいて来て「けんか売ってんのか」と食ってかかり、「すみません」と謝る萩山さんの首元をつかんで「海に沈めるぞ」「車の方に放り投げるぞ」などと言いながら引っ張るなどしたと、当時の状況を明らかにした。

・「事故のことを考えなかった日はない。お子さんにも、私の不注意で両親を奪ってしまった」とする運転手の調書も読み上げられた。

2018年12月3日 20時17分
http://news.livedoor.com/article/detail/15686113/

あおり運転


あおり運転は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。2016年の「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件。警察庁は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている。
あおり運転 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・これはもう治らないので人間として扱うのをやめよう。殺人罪で即処分したほうがいい。みせしめのためじゃなく、単純に害○駆除。

・こんな頭のおかしな奴二度と社会に出したら駄目!

・反省もしてないし出てきたらまた再犯することが確実では社会的に刑罰を厳しくするべきだ。

・「あおり運転なくしたい」という気持ちはとてもよく分かるが、そもそも人の話を聞くことも、反省も出来ない動物が相手だからなぁ。

・この犯罪者の弁護をしなければならない弁護士も大変だな。いくら金のためとはいえな。ただ、こいつを心の底から擁護するやつらが一定数いるんだよな。頭の構造を知りたいわ。

・これでも死刑にならない不思議

・全車両に速度に合わせて自動的に車間取れる装置付けたら?義務化とかしてさ、外したら免停とかの罰則にするとかさ。

・煽り運転なんてする奴らは現場ですぐ駆逐しちゃえば、この世から無くなるのに…

・極刑でいい

・こいつは取材の記者に「金を寄越さないなら取材には応じない」とか抜かしたク○。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事